診療内容

一般歯科 小児・矯正歯科 インプラント 審美歯科 口腔外科 訪問歯科

一般歯科

むし歯の治療

歯を削って詰めたりする前に、なぜむし歯ができたのかを考えてみる必要があると思います。
むし歯の原因は、細菌が食べ物の一部を利用し歯を溶かす酸を作ります。唾液が持っている歯を硬くする力(自然治癒)より酸の力が勝ると歯が柔らかくなり、歯の本来の形を失っていわゆるむし歯の穴になります。
初期のむし歯ではまず経過観察を行って進行させないよう、適切なお手入れを行います。

歯周病の治療

歯茎の病気の原因はばい菌です。
歯周病の菌が患者様の食べた食べ物の一部を使って歯垢(プラーク)を作ります。ブラシ等でぬぐい取りきれていないところや清掃しにくいところに残り、長期間にわたると歯周病が進行して歯のまわりの骨が溶けてしまうことがあります。

治療の基本は、歯科医院で歯石や歯垢除去を行なったあと、患者様の毎日のしっかりとしたお手入れができていることが大事な点です。
患者様が歯周病の治療において主役であるといわれる理由は、日々のお手入れでお口の中の健康状態が変わってしまうからです。

歯周病の症例

serviceimg-1.png

 

 

詰め物

tsume-inlay.jpg

インレー

むし歯になり溶けたり、柔らかくなった歯を取り除いて硬い金属などで失われた歯の形を回復したものです。

 
tsume-resin.jpg

レジン前装冠

金属で歯の形を作って、前面の見える部分にプラスチックの人工歯を盛り上げて作ります。素材であるプラスチック自体が変色、摩耗します。

 
tsume-crown.jpg

クラウン

歯の全周を削り、細く小さくしたものに咬み合わせの部分から歯ぐきとの境目付近まで覆うものです。治療する歯によりますが素材の選択肢がいくつあります。
食事が楽しめるか、見た目の美しさ、強さ、適合性、耐久性、安全性といったものにより選択します。

 

小児・矯正歯科

あなたのお子さんの“見守り隊”でありたい・・・
私達が考える「小児歯科」の基本姿勢です。

小児・矯正歯科をもっと詳しく見る

インプラント

インプラントがどういうものかは多くのホームページ等でどういうものか書かれていることと思います。
お口でしっかり物を咬むことができるということ、隣の歯を削らず、金具も使わずに済むという利点がありますが、外科処置をせずにインプラントを埋め込むことはできません。
インプラントを使った義歯にも取り外し式の義歯にも利点、欠点があります。
患者様各々お口の状態が異なるのは当然のことですが、インプラントを使用することは理想的な治療を行う上で重要なオプションの一つであると考えています。

インプラントの症例

serviceimg-2.png

 

 

審美歯科

審美歯科とは、天然歯が本来持っている美しさと機能を取り戻す治療でありますが、見た目の美しさだけではなく、自然な笑顔や魅力的な表情を作り、食事や会話、発音をするなど生活する上でなくてはならないものとして正しく機能する必要があると考えています。
持って生まれた歯や歯肉に問題がある場合だけでなく、噛み合わせや機能的な問題も含めて改善することが必要な場合があります。

セラミック

むし歯などにより本来天然歯が持っているものが失われた場合にセラミックなどの材料で天然歯と区別がつかないような治療をします。
そのために歯だけでなく歯を支える組織である歯肉などの歯周治療が必要である場合が少なくありません。
治療が十分な結果を生むために、患者さんご自身の日々のブラッシングが完全に問題がないことが必要です。

プラスチック

保険適応でないセラミックだけでなく保険治療の材料で問題なくできるものもあります。
よりよくするために歯だけでなく歯周組織の改善が必要なものがあります。

審美歯科(全顎補綴)の症例

serviceimg-3-1.png

 

審美歯科(セラミック)の症例

serviceimg-3-2.png

 

serviceimg-3-3.png

serviceimg-3-4.png

 

審美歯科(樹脂)の症例

serviceimg-3-5.png

 

serviceimg-3-6.png

 

 

ホワイトニング

歯の着色を取るクリーニングを行うことで、歯の本来持つ色になります。
色や明るさはそれだけでもよくなりますが、さらに削らずに改善するにはホワイトニングを行います。ホワイトニング(ブリーチング)には、クリニック内で行うオフィスブリーチングと、マウスピースを作製して、ご自宅で行うホームブリーチングがあります。それぞれ利点があり、患者さんの歯の状態、生活習慣によって使い分ける必要があります。

ホワイトニングの症例

serviceimg-4.png

 

 

クリーニング

歯の表面に付着した汚れをとることでも歯の色、明るさが戻ります。

  • ・虫歯等で不自然になった歯を、セラミック等を用いて天然歯と区別がつかないように治療します。
  • ・より自然な感じなるようにします。
  • ・この治療を完璧に行う為には、歯のみならず歯周治療もきっちりと行なう必要があります。

クリーニングの症例

serviceimg-5.png

 

 

口腔外科

歯がしみる、詰め物や被せがとれた、歯茎が腫れている、口臭が気になるなどの歯や歯茎の治療を行っています。

当院でできる治療には、おやしらずの抜歯、転倒による打撲、歯の破折など、外傷などの治療を行います。
また、当院は日本外傷歯学会の認定医です。私どもが対応できる治療は、症状によりますが、歯をそのまま保存したり、歯を抜かずに欠けたところをつけたりする治療を選択することができます。

その他に大きな骨折や抜歯でも対応できない場合もあります、全身症状や歯の状態によっては、当院では抜いたりできない場合は、市民病院、大学病院、または口腔外科専門医連携をとっています。

 

訪問歯科

開業以来、訪問診療をおこなっています。歯科医院に通院して受診することが困難な患者様のために、専用のポータブルユニットなどを携行して義歯作製や虫歯の治療、口腔ケアなどを行います。
患者様の身体の具合によりできることは異なりますが、上記のような診療は殆どの場合可能です。

食物を口に入れ、咬み、飲み込むという健康であれば当たり前にできる一連の動作ができにくくなると、むせ、咳き込み、まるのみ、口の中に食物が残留するといった症状がでてきます。
これらの症状は誤嚥(食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと)が疑われ、肺炎を引き起こす危険が高まり、注意が必要です。

また口の中に汚れが溜まることでむし歯や歯周病になる確率も高まります。そうなると食物の形状や内容にも工夫が必要となりますが、介護者の方の介助、見守りと同時に、我々歯科医師、歯科衛生士よる定期的な口腔ケアはQOLの維持につながると思います。

口からの食物の摂取が困難になった方(胃瘻など)に、口の中の清掃は不要かというとそうではありません。摂食困難になると唾液の分泌が減少してお口の中は不衛生になりがちです。誤嚥性肺炎を予防するためににも、介護者の方の口腔ケアはもちろんですが、歯科医師、歯科衛生士による口腔ケアも大事だと考えています。

家や病院、施設でできる口腔ケアをお教えすることもできます。